« いよいよ「ガマの油」旅たち秒読みです | トップページ | 卒業 »

2009年8月12日 (水)

残暑お見舞い申し上げます。

映画「ガマの油」を観て頂いた皆さんにお礼申し上げます。
公開された劇場が不便なところも多々あったと思います。
電車やバスなどを乗り継いではるばる劇場まで足を運んで下さった方々もいらっしゃったと思います。今、「ガマの油」は数ヶ所で地方都市にて公開されています。
「ガマの油」は猛暑、異常気象の中最後まで一人で頑張っています。
その後は、いくつかの海外の映画祭で上映され、異国の観客がどのようにこの映画を観てくれるのか?楽しみです。

現在、三池監督作品「十三人の刺客」の撮影をしています。山形ロケから、今京都の撮影です。まもなく京都が終わり、再び山形へ向かいます。

京都の撮影所は10数年振りで、懐かしいスタッフ、俳優さん達が温かく迎えてくれました。歳はとりましたが、相変わらず「活動屋」という呼び方が似合うスタッフが、まだまだ頑張っています。まもなく京都の撮影も終わりますが、是非またここで仕事したいと思いました。

撮影所のすぐ側の「ロサバリエ」という喫茶店があって、僕が初めて京都に来た頃からお世話になっている店です。そこのマスターは僕が久しぶり来ることを知っていて、待っていてくれました。僕も京都の初日の日にご飯を食べに行きました。すると店の前に「ガマの油」のチラシを貼ってくれていました。
マスターは撮影所の側で育っているので大の映画ファンです。厳しい批評をされると緊張していましたが、どうやら気に入ってくれていたようです。マスターありがとう!小さなチラシが店の前に貼られていたのを見た時は、感動しました。感謝です。

                             役所 広司

2009年8月12日 |